きせつのレシピ ☆塩レモン

きせつのレシピ ☆塩レモン
  • FOOD

会員会報誌ユウベルライフで人気の「きせつのレシピ」から、季節に合わせたバックナンバーを紹介します☆

今回は、塩レモンを使ったレシピをご紹介♪

飲んだり食べたりで疲れているお正月明けの胃腸にやさしい、爽やかな酸味と香りで美味しさを引き出してくれる「塩レモン」を使って、いつものメニューにひと工夫加えてみてはいかがですか。

塩レモン
①レモン(3個)を水洗いする。(レモンは表面にワックスコーティングがされている場合があるので流水でよく洗う。)
②①を塩でもみ洗いし水気を取り、両端を落とし、八つ切りにする。
③熱湯除菌した密封容器に②を入れ、レモンに対して10%(約40g)の自然塩をふりかけ、蓋を閉めて軽く振り、塩を馴染ませる。
④1週間〜1ヶ月熟成させる。
※2、3日に1回は振って馴染ませましょう。1週間位から調味料として使えますが、1ヶ月位置くことで酸味がまろやかになります。

塩レモンでお肉を柔かく
鶏の唐揚げ(3人前)
①鶏もも肉(300g)を一口大に切りボウルに入れ、塩レモンの漬け汁(大1.5)醤油(小2)みりん(小2)
粗挽きこしょう(適量)を加えてもみ、1時間寝かせる。
②鶏肉に片栗粉をまぶし180℃の油でじっくりと揚げて出来上がり。


塩レモンで肉の臭みを和らげる
つみれ汁(3人前)
①ボウルに鶏ミンチ(150g)と塩レモンの漬け汁(大1)を入れ、粘りがでるまで練り、ネギのみじん切り(大1)塩レモンのみじん切り(1/2切れ)だし醤油(小3)を加え混ぜ合わせる。
②鍋に、だし汁(3カップ)一口大に切った
大根(150g)人参(1/3本)ごぼう(1/4本)
レンコン(70g)を入れ、煮立たたせる。
③①を食べやすい大きさにまとめ、②の鍋に入れる。
④具材に火が通ったら味噌(大3.5)を溶き出来上がり。


塩レモンで甘みが引き立つ
カップケーキ(3人前)
①ボウルに卵(2個)砂糖(60g)を入れ、もったり(注1)するまで泡立器で混ぜる。
②①に牛乳(100cc)塩レモンの漬け汁(大1)刻んだ塩レモン(1切れ)溶かしバター(80g)を加えさらに混ぜる。
③ ②に薄力粉(130g)アーモンドパウダー(20g)ベーキングパウダー(3g)を振るい入れて練り、馴染んだら型に入れ180℃のオーブンで25分焼くと出来上がり。
※お好みで、生クリームやクリームチーズをのせてお召し上がりください。
注1)もったり…泡立器ですくうと下に落ちるが少し積もってから跡が消えていく状態。

最終更新日 2018年01月09日(火)